上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日前に掲載した初心者向け詰将棋の解答です。


問題1

▲2三桂△同金▲3二金までの3手詰めです。

2手目△2一玉と逃げるのは▲1一金までの詰みです。

初手は「金頭桂」といわれる有名な手筋です。このように桂は捨てることにより相手の駒の守備力を弱めることができます。


問題2
▲2三竜△2二合▲3二金までの3手詰めです。

2手目の合駒はなんでも同じで、例えば金を打ったとしても、最後の▲3二金を△同金と取ることはできません。(竜で玉がとられてしまいます!)

初手は「一間竜(いっけんりゅう)」とよばれる形で竜の威力を最大限に生かす詰み形です。


問題3
▲1四竜△同玉▲1五香までの3手詰めです。

2手目△2二玉は▲1二竜までの「駒余り詰め」です。(よって玉方は2手目△2二玉としてはいけません。)

初手が思い切った竜のタダ捨てです。いかに強力な竜でも、玉を詰めるためには捨てる必要がある場合もあります。最後は香の利きを生かした詰め上がりとなります。


問題4
▲2二金△同角▲2三桂までの3手詰めです。

▲2三桂を打つために邪魔な金を初手で捨てます。最後の形は「つるし桂」と呼ばれる詰みで、このような芸当は桂にしかできません。


問題5
▲1三金△同玉▲3一角△1二玉▲2二角成までの5手詰めです。

最後は少し難しかったでしょうか。
初手が▲3一角を打つための狙いの一手です。3手目のように角は離して打つ方がよいことが多いです。「大駒は離して打て」という格言があります。



以上5問の解答と解説でした。初心者の方は参考になったでしょうか?


また不定期でこのような特集をするかもしれません。それではまた!





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yoshi410take.blog112.fc2.com/tb.php/23-f6e23efd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。