上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2回となりました。今回は銀の使い方についてです。

銀と金の大きな違いはなんでしょうか。

それは「斜め後ろに動けること」です。

これを利用して金にはない詰み形を実現できます。

まず、以下の問題を考えてみてください(3手詰め)

syo2-1.jpg



まず、初手13銀は同香と取られて失敗です。

また、初手25銀と打つのも、同桂と取られて後続がありません。

正解は初手25金です。

同桂と取られますが、空いた33のスペースに33銀と打ち込めば詰みとなります。(下図)

syo2-2.jpg


斜め後ろに効く銀の性質を生かした詰みです。


では次に以下の問題を考えてみてください(3手詰め)

syo2-3.jpg



まず、銀を動かす手を考えてみます。

11銀成は、取らずに13玉と逃げられ、12金と打っても24玉と逃げられてしまいます。

また21銀不成も、13玉とされ、25桂も24玉と逃げられてしまいます。

困ったようですが、21銀不成のときに玉が13に逃げられなければ…と考えられればしめたものです。

初手に13金と打ち、同桂と取らせて13の地点を塞ぎ、そこで21銀不成とすれば詰んでいます。(下図)

syo2-4.jpg

初手13金は「退路封鎖の手筋」とよばれ、詰将棋ではよく出てきます。

また、「銀は成らずに好手あり」といわれるように、銀は場合によって成と成らずを使い分けることのできる柔軟な駒だということが言えます。

それでは次回もお楽しみに!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yoshi410take.blog112.fc2.com/tb.php/168-5848b2c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。