上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日出題した問題96について、「変化別詰」とよばれる詰手順がありましたので、
ご説明いたします。

12_0813.png

この問題の作意手順は、(a)31角、同馬、14香、22玉、23銀、同玉、24香までの7手詰めでしたが、
2手目12玉と逃げたときに、(b)13香、同桂、23銀、同玉、24香、12玉、22角成までの9手詰めがあります。
しかし、3手目13香と打たずに、(c)23銀と打てば、同玉、24香、12玉、22角成までの香余り7手詰めなので、
2手目12玉は正しい応手ではありません。

このとき手順(b)は「変化別詰」とよばれます。

Wikipediaによると、これの意味は、
「作意手順より短く詰むか駒余りになる変化手順があるときに、その変化手順の途中の攻め方の指し手で分岐する別の詰め手順があり、その手順が作意手順より長く詰むか同手数で持ち駒が余らない手順」

のことです。

変化別詰があることの問題点は、この問題の場合、例えば解く人が手順(b)を手順(c)より先に見つけて
しまったときに、手順(b)が正解であると勘違いしてしまう可能性があることです。
なぜならば、解く人は手順(c)を見つけたとき初めて、「2手目12玉の手順は香が余るので変化手順なのだな」
とわかるからです。

では、変化別詰があることが詰将棋の評価にどのような影響を与えるかといいますと、Wikipediaによると、
「変化別詰があっても余詰と異なり許容範囲と見なされるが、程度によってはキズと見なされることもある。」
とのことです。

詰将棋にはいろいろと難しい言葉や約束事が多いですが、解く人が気持ちよく解けるように、
作る側もしっかり考えなければならないなと思いました。


スポンサーサイト
Web版詰将棋パラダイス(左のリンクにあります)の3月度
懸賞詰将棋に拙作を採用して頂いていましたが、
このたび皆様の評価を見ることができたので、感想を述べたいと
思います^^

まず、157名もの方に解答して頂けたことをうれしく思います。
手順に落とし穴もなかったので全員正解だったようです^^

初手41銀成から、13桂、31成銀捨ての流れはおおむね好評価でした。

しかし、7手目32銀からの収束は「流れてしまった」などのご意見も
頂きました。

これだけたくさんの方々に解いていただき、意見を頂けるのは貴重な
経験でした。これを励みに、これからも詰将棋作りを続けていきたいと
思います。

最後に、拙作を採用してくださった須藤さんと、解答し意見をくださった
皆様に感謝したいと思います。ありがとうございました!
今回はコラム的な形で、私が今まで詰将棋創作にどのように関わってきたのかを
お話ししたいと思います。

まず、私が本格的に将棋を覚えたのは中学生の時です。もともとルールくらいは
知っていたのですが、祖母の家に行ったとき、ある本をもらったのをきっかけに
将棋に興味を持ち始めました。

それはかなり年季の入った将棋入門の書だったのですが、駒の動かし方から
駒落ち将棋の指し方まで、豊富な内容が含まれていて、とても勉強になったのを
覚えています。

その本の中に詰将棋も載っていたのですが、もともとパズル好きだった私は、解くのを
楽しむとともに、自分でも作ってみようと思い、何作かを作りました。もちろん、手数も
短く、余詰もある稚拙な作だったと思いますが、ともかく私が初めて詰将棋を作ったのは
中学生の頃です。

高校に入り、私は将棋部に入部しました。この頃は戦術の本や手筋の本など
いろいろな本を読みました。その中に詰将棋の本もあり、私の詰将棋創作の
熱は増していきました。

私は持っていたマグネットの将棋盤でたくさんの詰将棋を作り、それを書き留
めていました。また、自宅のパソコンに「柿木将棋」が入っており、
詰みをチェックしてくれるだけではなく、余詰めの検査もしてくれました。
私はこれを使って自作を推敲することができました。

この頃の作は、余詰め等は少なくなりましたが、変同に関してはあまり気にして
いなかったようです。しかし、十数手の作品も増え、今解いてみても、なるほどと
思う作が多いです。ちなみに、当ブログで発表している作の中にも、高校時代
のものがかなりあります。

現在は、将棋は趣味でやる程度ですが、詰将棋創作もぼちぼち続けています。
昔は大駒成らずなどの力の入った作もありましたが、今では実戦的な手順と
シンプルな初形を心掛けています。しかし、いつか詰めパラで高評価を受ける
ような作品を作ってみたいとも思っています^^

それでは次回もお楽しみに。


いまさらですが、当サイトで出題している問題がどのようなものかを紹介したいと思います。

まず、難易度についてです。
問題によってばらつきはあると思いますが、私の棋力が将棋倶楽部24で3級(町道場初段)前後なので、
そのくらいの棋力の方が楽しめる難度であると思います。

それ以上の棋力の方についても、頭のウォーミングアップとしては良いのではと思います。

次に作風についてです。
基本的に、あまり奇抜な手は避け、実戦で使えそうな手筋を含むような手順を目指しています。
また初形も、できるだけ自然なものになるようにしています。

当サイトの問題を解くことで、詰将棋の面白さを知っていただき、また棋力向上の一助となれば
うれしいです。

私も、詰将棋・将棋ともまだまだ勉強中です。これからも応援よろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。